TEKTON
tearchi.exblog.jp
Top
<   2011年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧
|
|
2011年 06月 30日 |
b0219399_23341565.jpg写真はグラナダ市内にある アルハンブラ宮殿。
スペイン屈指の世界遺産であり世界中から観光客が訪れる名所。

イスラムとカトリック、2つの表情を持つこの宮殿は
異なる時代に建てられた様々な建築物の複合体であり、
その時代の建築様式や形状などがよくわかる。
歴史を調べてから実物を見ると、とてもおもしろい。

天井や壁に施された彫刻は、本当に見事。

b0219399_23501230.jpgガウディの傑作 サグラダ・ファミリア 
いずれは訪れたいと願っていたので感激。
思っていた以上の迫力と繊細さ、言葉では言い表せないほどの素晴らしさ。
建築に関わっていない人でも知っていたり、耳にした事がある程の建物。
一度は行って見る価値あり。

サグラダ・ファミリアの意味は、聖家族。
マリアに抱かれるイエスと、
二人を守り包む養父ヨセフ。
無償の愛に生きる母性と父性の象徴。
言葉が出ない程の迫力です。

b0219399_23552195.jpg現在、サグラダ・ファミリアの主任彫刻家は日本人なんですよ。
知っていました?

外尾悦郎さんです。

日本人がこのような場所で活躍していること。
誇りに思います。

1882年から着工し、未だ建設中。2026年には完成予定らしい。
完成したらまた訪れようと思う。

b0219399_2356165.jpg内部はまるで森の中に居るかの様な仕上がり。
高い木に支えられ、天井の隙間からさし込む光。
見事な内部空間でした。



次は、グエル公園、カサミラなどガウディの建築をアップ予定・・・。
[PR]
by tekton | 2011-06-30 00:53 | Takahiro |
2011年 06月 27日 |
b0219399_23285921.jpg久々週末に母とぶらりドライブ。
方向音痴な女2人。無事帰ってこれるのかと。。
当然、迷いながらも高崎市(吉井町)牛伏山へ行ってきました。

山頂には立派な城らしきものが見えます!
そして山裾から山頂に続く道端にはアジサイが延々と植えられ
その数1400株。

少し小ぶりですが青色のアジサイがほとんどでした。


b0219399_23291553.jpg「あじさいの路」とのぼりも1、2本しかなく‥
かなり分かりにくかったものの母曰く結構有名スポットらしい?
少し雨が降った後でしっとりと咲くアジサイはとても風情があっ
てキレイでした。

しかし本当に車1台、人ひとりとも出会うこともなく‥山頂の城*
に到着です。(*牛伏城という名の展望台でした)
いやw、かなり立派っ!!
上信越道からもよく見えるので気になっている人もいるはず?


b0219399_23292517.jpg天気が良ければ県庁や高崎市役所なども見えるそうでが‥
曇っていてなにも見えませんね(^_^;)ザンネン

この時期もおすすめですが、遊歩道に植えられた桜並木は通称
千本桜と呼ばれ桜の名所になっているそうです。
また春にも訪れたいみたいです。

これから夏の暑いときにクールスポットとして散策してみるの
もいいかもしれません。
[PR]
by tekton | 2011-06-27 23:59 | Emiko |
2011年 06月 22日 |
b0219399_19503994.jpg今週から緊急人材育成・就職支援基金の職業訓練が
始まりました。

対象はハローワークで求職中の社会人の方です。
年齢も20代から50代までと幅広く、
建築関係ではその道のプロとして活躍されていた方から
建築経験者ではない方まで様々な方がいらっしゃいます。

私たちはCAD(JWW)の授業を受け持つことになり。
きっかけは人前で話す訓練。私たちもあるいみ訓練中です。

b0219399_19514476.jpg授業前日は予習や課題をつくったりアタフタ~。
当日は緊張しましたが、受講者の皆さんはやる気十分で
良い方ばかりですぐに緊張もほぐれました。

←息抜きの練習問題「木を複写して7箇所植えましょう」
正解がないこの問題。

一通り巡回していると、非常に個性があって素晴らしい!
本当に十人十色ですね。
中には巨木に仕上げた方もいらっしゃいました(笑)
皆さんの個性が活かせるといいですね(*^▽^*)
[PR]
by tekton | 2011-06-22 20:04 | TEKTON |
2011年 06月 18日 |
b0219399_22335826.jpg「上州富岡駅舎設計提案競技実施コンペ」
応募登録件数は491件。提出は359件。その中から第1次審査を通過したのはたったの7者。
今日はその第2次審査(公開プレゼンテーション)に行ってきました。
審査委員長には隈研吾氏、他委員として乾久美子氏など有名建築家も並んでいました。


今回の1次通過者に共通してみられるのはスケルトンということ。ガラス建築がとても多い。
街との繋がり、一体的利用などの考えからであろう。とにかくスケスケ。

(もはやスケスケすぎて建物も見えません。。)
b0219399_2354161.jpgその中で印象深かったのは「この駅は建築主体ではなく、あくまでも「人」である。」
訴えかけるのは建築そのものではなく、言葉・意思が強く伝わってくるプレゼンだった。
建物はただ薄い切妻屋根がかかっているだけというシンプルなもの。

究極突き詰めるとこうなるのか・・と。

質疑では乾氏から「あくまでも大事なのはハードではなくソフトということはよく分かります。
では谷尻さん、あなたの建築家としての役目はなんですか?」と聞かれると少し笑い
「自分も建築家として色々な人と接していきながら設計という行為について向き合いたい。」
そう答えた。

b0219399_22334634.jpg駅近くにある富岡製糸場が暫定世界遺産リストに登録されているにもかかわらず上信電鉄
を利用して富岡を訪れる人は少ない。どんなに有名な建築家が素晴らしい構築物を造っても、
それがきちんと使われなければ意味がないですよね。

傍聴している人たちは建築関係者や学生が多いようです。
地域住民の参加、コミュニケーションの場・・とかってその前にこういった機会から一般の
人たちが興味を持ち、参加してくれることが大切なんだと思う。
本当は審査も実際に利用する一般の人たちの投票制とかにしてもいいくらいだと思ったりする。
そうすれば自然と愛着も湧くだろうし、自ら参加しようって気にもなる。

なにはともあれ、富岡駅が末永く多くの人に愛される駅になるといいですね。


[PR]
by tekton | 2011-06-18 23:11 | TEKTON |
2011年 06月 16日 |
b0219399_22495015.jpg群馬県知事選挙も間近に迫り、街中でこんなポスターを目にしました。
地域ブランド力調査(全国の都道府県の名産品などの認知度、ブランド力を調べたもの)
県民の方はご存知だと思いますが、群馬県の順位は残念ながら最下位です。。

群馬のブランド力向上のために何が必要なのか?本当に知事が変われば変わるのか?
評価項目は(1)独自性(2)愛着性(3)購入意向(4)訪問意向(5)居住意向
(2)=その地域に愛着を感じるか(5)=その地域に住みたい、住み続けたいか。
この2点に関しては県民の愛県心も必要そうだ。
皆で群馬大好き!と自慢できる県にしたいものですね。



↓もはや最下位ということが群馬ブランド?悲しいけど笑えます・・
「酷すぎるネット上における群馬の取扱い方」

b0219399_2331174.jpgb0219399_2332469.jpgb0219399_233421.jpg
[PR]
by tekton | 2011-06-16 23:08 | Emiko |
2011年 06月 15日 |
b0219399_23103034.jpg最近、TVCMで映画<アンダルシア女神の報復>の上映予告をよく目にする。
ちょうど一年前、スペイン旅行に行った事を懐かしく思いブログに載せようと・・・。

写真はアンダルシア地方のひまわり畑。
あたり一面黄金に輝くひまわりを満喫。 を狙って来たのだが・・・。
早すぎた ((((((ノ゚⊿゚)ノ
色々と下調べしたのに今年は、気温が低く成長が遅かったらしい。
少しがっかり。
旅なんてのは、すべてが予定通りには行かないものだ。
むしろちょっとしたトラブルがあるほうが思い出に残っていいかもしれない。

b0219399_2334398.jpgアンダルシアの白い街「ミハス」
TVでも見たことある写真だと思いますが。

町一帯が本当に白。 
住民に聞くと、壁がいつも白く綺麗でいるのは
年に一度は必ず塗り替えているとのこと。
しかも、日本のように職人さんに頼んで塗るのではなく、
自分の家は自分で塗り替えるらしい。
綺麗な街でいようとみんなが同じ意識を持っていることに
凄く感激しました。

b0219399_23483596.jpg闘牛場からの写真。
今は闘牛場もどんどん閉鎖されているらしいです。





本当にいい街です。
スペインに来たら立ち寄る価値あり!

b0219399_23545665.jpgパラドールで優雅にティータイム?
サングリア飲んでいい気分。



一度には載せきらないので数回に分けてアップしていこうと思います。

グラナダ、バルセロナ編へと続きます。
[PR]
by tekton | 2011-06-15 00:01 | Takahiro |
2011年 06月 05日 |
b0219399_12162350.jpg中学時代の友達Mちゃんのタチヒアンダンス♪
近所だったので主人と自転車でみに行ってきました。

主には、主婦の方が多いようですが・・
やっぱりスタイルに目がむいてしまいますね(^_^;)
それにしても、子供がいるようなスタイルではないよなぁ。oO(・・・)
っとつい感心して見入ってしまいました。

フラダンスとの区別も分からなかったけど、比べてみると
テンポが速くて見てるだけで楽しいのはタヒチかも(´∀`人)♪

b0219399_1214532.jpgまわりの子供たちでも習い事でダンスをしている子も多いし
流行っているのかしら?
とても可愛いらしく、自然と笑みがこぼれます。

その後は主人の実家の庭で家族勢揃いのBBQ
最近のジトジト雨にウンザリだったので、梅雨の合間に
思い切り夏を満喫した1日でした。
暑wい夏がくるのも恐ろしいけど、梅雨も早く明けてほしい。
複雑な気持ちデスヾ
[PR]
by tekton | 2011-06-05 23:16 | Emiko |
2011年 06月 05日 |
b0219399_1332062.jpg友人K君のお店にふら~っと立ち寄る。
名前は GOODSTUFF(高崎)
ここは、自転車と洋服のお店。
オシャレな洋服が沢山。
自転車のフレームやパーツもいろいろある。
ファッションの話や、自転車の話でけっこう盛り上がる。
人柄も良く話しやすい。お店の雰囲気もGOODな、なかなか良いお店。

高崎に来た時には是非一度寄ってみては??

b0219399_15397.jpgシブイのが この看板!!

いい味だしてます。

サビ具合といい、壁のヒビ割れ具合といい、

建築やっていると、こういうカッコ良さにひかれます。
[PR]
by tekton | 2011-06-05 18:15 | Takahiro |
2011年 06月 04日 |
b0219399_08818.jpg部材も揃い、いよいよドロップハンドル化のスタートです。

まず、ブルホーンハンドルの先に付いているバーコンを取り外します。
奥に見える穴に六角レンチを差し込み緩めて取り外す。
ま~きつく締まっていて緩めるのに一苦労。
最初から手こずってしまいました。
先が不安。
ワイヤーなどすべて取り外し、次にドロップハンドル、STIレバーの取付です。

b0219399_0185532.jpg仕様
ハンドル:日東 M186STI 380mm
STIレバー:シマノTIAGRA

日東 M186STI はドロップが122mmと少なめで深い前傾姿勢にならないので
初心者や女性の方によいとのこと。

細かな角度は実際に乗り始めてからの調整とし、適当に付けます。
STIをハンドルに固定するボルトは、ラバーゴムをめくると外側の横にボルトがあるのが見えます。
ハンドルにSTIと書いてあるので、示してある矢印のところでブレーキレバーを固定する。

b0219399_0394910.jpg次にワイヤー類のひき回しです。
レバーを握るとブレーキワイヤーを通す穴が見えるのでここに差し込みます。
シフトワイヤーですが、ギヤをトップにしてあることを確認してからひき回しをします。
ワイヤーテンションが少ない状態でやらないとワイヤーが傷むことがあるらしいです。
(ネットで調べた情報。私も素人なので一応その通りにしました。)

b0219399_0551917.jpgワイヤーのひき回しが終わり、バーテープを巻いていきます。
巻き始めは、エンドキャップが取付やすいように3分の2程度を余らせて巻き始めます。
重ね幅は3分の1程度重ねながら下(エンド側)から。
曲り部分では重なり幅が変わってきますが、シワにならないよう気を付けて慎重に。

途中は省略。

エンドキャップを付けて完成です。
なんだかんだで4時間。
楽しんでいる時って時間が過ぎていくのが早いですね。

b0219399_17660.jpgハンドル調整を兼ねて試乗です。

やっぱドロップハンドルいいッス。  カッコよいッス。

自転車の楽しみはまだまだ続きます。
[PR]
by tekton | 2011-06-04 17:05 | Takahiro |
2011年 06月 03日 |
本日は3つの打合せ。
1つ目はこれから現場が始まる物件の・・・。
2つ目は設計仲間4人で考え中のある企画・・・。
3つ目は近々始まる講師の打合せ。

特に講師については少し不安がある。
人前に立って何かを教えることなんてあまり経験がないし、人前で話すのは苦手なほうであるからだ。
なぜ苦手? 原因は・・・ 緊張と緊張により頭が真っ白になること。

今まで自分が不安になる時は、その不安要素に対し何らかの対処をし気持ちを落ち着かせて
乗り越えてきた。
だけど緊張はどう対処してよいものか分からない。
場数を踏まないと無理なのかもしれない。

今回の講師の件も自分の試練だと思って臨んで行こうと思う。
[PR]
by tekton | 2011-06-03 00:44 | TEKTON |
ページトップ
XML | ATOM

Powered by Excite Blog

個人情報保護
情報取得について
免責事項