TEKTON
tearchi.exblog.jp
Top
カテゴリ:A-Office( 15 )
|
|
2012年 06月 01日 |
b0219399_1249145.jpgb0219399_1250073.jpg新築祝いの胡蝶蘭。
もの凄い数です。写真では見えませんが奥の事務室にもズラリと。
やはりそれだけの人脈あるってことですね。
社長の人柄の良さの表れかな?
自分も見習わなければな・・・。

残すところは竣工写真。
天気や仕事の都合が合わず、引越前の竣工写真は撮れませんでしたが・・・。
撮影が終わったら、HPにUPします。
[PR]
by tekton | 2012-06-01 12:46 | A-Office |
2012年 05月 10日 |
b0219399_1152231.jpg久々のブログ。
本日はA事務所の行政による完了検査でした。
建物配置、内装の仕上、その他法律上問題ないか細かくチェックしていき
検査は問題なく無事終了。
なぜだか、検査の時ハラハラしてしまう。
特に何か悪い事をしている訳ではないけれど
細かい指摘をされるのではないかと思ってしまうからだろう。

来週の引き渡しに向け、社内検査を行い不具合がないか最終チェックです。
[PR]
by tekton | 2012-05-10 21:48 | A-Office |
2012年 04月 11日 |
b0219399_19382344.jpg建設技術センターへH邸の確認申請+フラット35の申請を提出に。

その帰りA事務所の現場に寄り、進み具合を確認。
雨にもかかわらずもくもくと工事を進める職人さん。
ほんと頭が下がります。
内部塗り壁工事は終盤を迎え、残すは家具と床仕上げとなります。
初めてフッコーマジックコートを使ってみましたが
なかなか良い感じです。

今月末完成を目指し着々と進んでいます。
[PR]
by tekton | 2012-04-11 19:56 | A-Office |
2012年 03月 30日 |
b0219399_22212799.jpg各業者さん達と完成予定日の最終打合せ。
現場も終盤になると慌ただしくなり気も引き締まる。
この緊張感がなんともいえない良い感じ。

今回、住宅用サッシとビル用のアルミ部材を組み合わせ
ビルエントランスのような透明感のあるファサードとなるよう
工夫したのがポイント。
コストも安く出来ている。

内部はタイルも貼り始められ
完成までもう一息。
気を抜かずがんばらねば・・・。
[PR]
by tekton | 2012-03-30 22:49 | A-Office |
2012年 03月 16日 |
b0219399_2313367.jpgOAフロア工事前の床塗装が始まりました。

しばらく眺めていたら・・・

塗料のニオイに・・・


イッちゃいそうでした (ノ*゚▽゚)ノ
b0219399_23175718.jpgそんな中での色決めです。

設計側のイメージを伝え、お施主さんの意見も聞き

どの路線でいくか議論しながら決めていく。

ここが楽しいところでもあり難しいところでもある。

結果、イメージしていた色具合にまとまり一安心。
[PR]
by tekton | 2012-03-16 12:10 | A-Office |
2012年 02月 28日 |
b0219399_14482010.jpg杉板型枠によるコンクリート打ち放し塀の下地確認です。
一発仕上げのため事前の下地処理がとても重要な作業になり、
この処理の仕方で仕上がりが全く違う物になってしまいます。

仕上がりが上手くいくか?
職人さんの腕の見せ所ですね。

期待しています。
[PR]
by tekton | 2012-02-28 14:46 | A-Office |
2012年 02月 18日 |
b0219399_22514989.jpgA事務所の建方も終わり、なんとなく形になってきた。

監督さん、各職人さんと打合せをし、細かいところを一つ一つ決めて行く。

図面ではイメージしずらい所もあり、

現場を見て変更させてもらう所が少々ありましたが

快く引き受けてくれる職人さんに頭が下がります。
[PR]
by tekton | 2012-02-18 22:52 | A-Office |
2012年 01月 21日 |
b0219399_23591881.jpg今日は、外部仕上げの打合せです。
毎回思うのですが、色決めって本当に難しい・・
洋服と同じで、好みはそれぞれですし、感覚も違いますしね。
それに色の数は限りなく、室内で小さな色見本を見ているのと、
屋外で大きい面積で見るのとでは全く違う色になってしまいます。
一応カラーコディネーターですが、悩むことも多くあります(^^;)

まず外壁、サッシ、屋根と金属部分は決まり、あとはアクセントとなる塗り壁部分。
A事務所は塗装屋さんということもあり、こだわりも強い。
面積的には小さい部分なのですが、外観イメージがそこでがらりと変わってくる。
次回のプレゼンにむけ、模型をにらみながら要検討です。
[PR]
by tekton | 2012-01-21 23:45 | A-Office |
2012年 01月 13日 |
b0219399_1449956.jpgM邸の現場へ向いながらA事務所の現場へ立ち寄った。
調度、事務所本体の配筋工事の途中でした。
鉄筋が適切な間隔になっているか、給排水の配管も確認。

今回、敷地の幅が狭い中、駐車場も確保する為どうしても
敷地めいっぱいの配置になっている。
給水と排水を2方向へ振り分け設備屋さんも苦労します。
「配管なんて1番ムダなスペースですもんね」なんて言われ
若干申し訳なくなります(^^;)
[PR]
by tekton | 2012-01-13 22:47 | A-Office |
2011年 12月 24日 |
b0219399_221536.jpgクリスマスイブですがお仕事です。 あたりまえか・・・。

A事務所の配筋検査でした。
地盤面より1m20cm位掘り下げての基礎配筋で
見えているのが柱脚部分の鉄筋と地中梁の鉄筋です。
これでも規模は小さいのですが
木造住宅の基礎と違い、鉄骨造になるとやはり基礎の大きさも大分変わります。
配筋は問題なく施工されていました。
月曜日にはコンクリート打設で予定通り。

年内も残りわずか。
A事務所の現場は一区切り出来、良いお正月が迎えられそうです。
[PR]
by tekton | 2011-12-24 18:10 | A-Office |
ページトップ
XML | ATOM

Powered by Excite Blog

個人情報保護
情報取得について
免責事項