TEKTON
tearchi.exblog.jp
Top
2018年 07月 26日 |
b0219399_23400555.jpgb0219399_23481256.jpg
「ノコギリで2回切る、釘を打つ」
簡単のようですが、切っている段階でおや?と不安になりましたが(笑)
今回は10組12脚の申し込みがあり上は小4、下は年少さんとかなり幅があったものの凄い
集中力で最後には全員完成させて座ることができました!
真っ直ぐじゃなくても、たくさん叩いた金槌の跡も、愛おしく見えるほど‥
どれもみんな良い味が出ていて本当に素敵でした。
こどもたちの真剣な表情に改めて「モノづくりは楽しい!」と心から感じる時間でした^^
マナボーノ&参加者の皆さん、本当にありがとうございました。


[PR]
# by tekton | 2018-07-26 23:34 | TEKTON |
2018年 06月 28日 |
マナボーノさんの夏休み企画として、親子で木工教室を開催します。
子どもたちに自分の手で作る楽しみ、ものづくりの魅力が伝えられればと思っています。
※人数に限りがありますので、お申込はお早めに。


[PR]
# by tekton | 2018-06-28 11:30 | TEKTON |
2018年 06月 03日 |
b0219399_11093344.jpgb0219399_11125321.jpg
檀家さんへのお披露目と一般公開と同日開催だったこともあり、とても賑やかな1日でした。
過去に設計させていただいたお施主さんや、今進行中のお施主さんも見にきて下さって、
2年ぶりのオープンハウスでしたが沢山の方々とお会いできて嬉しかったです。
改めて出会いやご縁に感謝しかありません。
お施主さんをはじめ工事関係者の皆さま、ありがとうございました。

[PR]
2018年 06月 01日 |
b0219399_11045395.jpgb0219399_11050435.jpg
今日明日で植栽の一期工事。
もみじとアオハダが到着したところで、次々と問題発覚。
オープンハウス前に中庭を仕上げる予定で段取りしていたのに、昨日の雨で配管がまだ終わっていない‥!?
植えたいと思っていた場所に配管があたる‥!!と、朝からバタバタしていましたが(汗)
約2mと幅のない中庭に苦労しましたが、無事植え込み完了!外壁と青空にアオハダの緑がとても爽やかです。
あさっての見学会で一部中庭も見れますので、お楽しみに
[PR]
2018年 05月 29日 |
b0219399_10460963.jpgb0219399_10462252.jpg
圓性寺は今週末オープンハウスに向けラストスパート。
今日は定例の現場打合せとカーテン関係の最終打合せ。
3時休憩に建具屋さんが冷たいものを差し入れしてくれました。
現場混雑中につきレジ袋にふた袋分のアイス(笑)
みんなでガリガリくん食べて、もう一踏ん張りです!
この竣工間近の現場の活気づいた雰囲気、嫌いじゃないです。

[PR]
2018年 05月 23日 |
b0219399_11174879.jpgb0219399_11194418.jpg
「圓性寺客殿と2つの住まい」OPEN HOUSE 2018.6.3 sun 

高崎市下小塙町にある圓性寺(真言宗豊山派)の本堂に隣接する客殿と2つの住まい(2世帯住宅)です。 
すべての部屋に光と風を取り込めるよう、LDKや個室は南に配置し、光が届きにくい廊下などには中庭を挟むなど工夫し、
季節による日差しをコントロールする深い軒によって明るく風通しのよい快適な空間となっています。 
客殿と本堂の間、母屋と二階家との間に設けた中庭は各部屋へ潤いと癒やしそして光と風を運びます。 
客殿は杉笹杢無垢板をつかった格天井や違い棚など純和風の重厚感、2つの住まいは和の中にもモダンな印象のインテリア。
床板にはヤニ松、カバザクラ、ナラの無垢板、LDKの天井には初めて葦を張るなど素材にも拘った住まいとなっています。 

日時:2018年6月3日(日)10:00~17:00 
場所:群馬県高崎市下小塙町405 (圓性寺境内)  

どうぞお気軽にお出掛けください。※別日にて見学も可能です、ご相談ください。

[PR]
2018年 05月 20日 |
b0219399_12203497.jpgb0219399_12211078.jpg

保育園のキャンプで使うこども用に火起こし機を父ちゃんたちが集まって1人1つ‥

27人分作ることになり、こちらもワークショップの前にサンプル作り。

拘りすぎて重い堅木が良いだろうと「はずみ」にブビンガを使用。

これが堅すぎて切るのが大変でした。

量産するには材種や作り方にまだ改良が必要ですが、火起こしはバッチリです!
わが家のキャンプも火起こしは火起こし機で??火を起こすだけで盛り上がれそうです


[PR]
# by tekton | 2018-05-20 12:10 | TEKTON |
2018年 05月 19日 |
b0219399_12032388.jpgb0219399_12051578.jpg

本日は木工DAY🔨夏休み企画の木工教室でつくるサンプルの椅子づくり。
実際のデモンストレーションに母子で作ることになったのですが「あのさー!ノコギリは基本さー!!」

と素人相手に元大工で夫の指導が厳しくて逆にキレました(笑)

作業手順も仕上がりのクオリティーもかなりリアル‥イメージがつかめたので良かった。

今回無垢でもコスパのいいワンバイ材を使用。
1X12インチの材で作れるサイズにしたので少し小さい?と思ったけど大柄の息子でもまだまだ大丈夫!
座り方は4通り、踏み台にしてもよし、本棚にしてもよし、本当に使える椅子です^^


[PR]
# by tekton | 2018-05-19 18:49 | TEKTON |
2018年 05月 14日 |
b0219399_10290578.jpg
Worksに藤沢の家を追加しました。
楽器が趣味のお子さんと、サーフィンや手芸・お菓子づくりが趣味のご夫婦が住まう
四季を楽しみ、暮らしを愉しむ家です。
35坪の住宅密集地という環境のなかで、高さ制限など厳しい法的要素を考慮しながら
コンパクトかつ快適で開放的な空間を目指してデザインした都市型の住まいです。

http://tekton-arch.com/Works.html


[PR]
# by tekton | 2018-05-14 10:56 | TEKTON |
2018年 04月 24日 |
b0219399_13334245.jpg
b0219399_13361091.jpg
今日は1日しとしと雨ですね。
Es寺は足場がバレてようやく全体が見れるようになりました。
雨も似合うしっとりとした外観に仕上がっています。
内部は造作工事が進行中、はじめてリビングの天井に葦を張りました。
自然の温もり溢れる和モダンで落ち着いた雰囲気に仕上げたいと思っています。
今日はそこに置くダイニングテーブルや椅子など家具の打ち合わせを行いました。
なんと背もたれに竹を使ったチェアを選ばれ、腰を掛けるのが楽しみです。
ソファやシェアパッドは空間を引き締めるダークな色を検討中です^^

[PR]
2018年 04月 17日 |

b0219399_13211421.jpgb0219399_13211443.jpg
Es寺は外壁の吹付中、内部では格天井が仕上がり、客殿と住まい二世帯で分かれて造作工事を進めています。
今回は家具も大工さんの手作りで、建具屋さんに扉をつけてもらうカタチで全て無垢板で作っています。
床板はヤニ松とカバザクラ、2階はナラ、すべて無垢の床板を使い、天井には杉板、葦など木の温もりと香り
いっぱいの現場です。
引渡し前には見学会を予定していますので、ぜひ体感していただければと思います^^


[PR]
2018年 04月 12日 |
b0219399_12333893.jpg
b0219399_12334175.jpg


Es寺の現場に抜き打ちで会長さんがみえて、格天井の張り方について大工さんと三者で打合せ。
普段なかなか高価で使えませんが、、今回は見事に目の詰まった大迫力の無垢の杉板を会社の宝の山
(会長がこつこつ昔から買い付けてストックしている倉庫)から出していただきました。
今ではなかなか手に入らない自慢の逸品で、私たちが言わずともつぎ方や張り方向など会長の指示が
バンバン飛んでいました。
自慢の材料がきちんと使われているか、現場の中をひとつひとつ見て回り「見てよ、この落とし掛けを」
「こんな檜なかなかないよ」と可愛いわが子を嫁に出すような会長の想いが伝わってきます。
「うちの大工の腕は間違いないから任せてくれね」と本当に誇らしげで私たちも胸が熱くなりました。


[PR]
2018年 04月 03日 |

b0219399_14032897.jpg
現場の枝垂れ桜が満開です。 打ち合わせを終え、玄関を出るとこの景色に癒やされます
はじめて現地調査に訪れたのがちょうど1年前。
想像していたアプローチがカタチとなり嬉しくて何度も確認しながら、ウットリしてしまいました。
足場がとれていないのが本当に残念ですが来月の引き渡しを目指して職人さんたちも頑張っています。


[PR]
2018年 02月 14日 |
b0219399_13360648.jpg  b0219399_13401143.jpg
広大な材木倉庫を見学させてもらうのも現場が始まって本日三度目。
ここには何百年の樹齢を重ね目のつまった良い材料が自然に乾燥させ眠っています。
宝の山を案内してくださる会長さんの瞳はいつもキラキラしていて、木に対する想い、
愛に溢れています。
良い材料を見つけると買い集めてきたけど、今は和室も少なくなって使う機会がない‥
と淋しそうに仰っていましたが、生きている間に全部使うんだ!とまだまだ現役です。
きっと施主さんをはじめ設計者、施工者の想いの詰まった良い建物になると思います^^
[PR]
2017年 12月 28日 |
b0219399_14322126.jpgb0219399_14322350.jpg
仕事納めの今日はダイニングテーブル制作の打ち合わせに甘楽木工房へ
もちろん家具もいいのですが、工房の空間がすごく素敵でこんなところで仕事がしたいと思う(寒いけど‥)
4メーター以上あるスパンをこの柱と変わらない背の梁で、しかも越屋根の束が乗り中央で継ぐというアクロバットさ。
富岡製糸場を思わせるような木造トラスはこの華奢な構造体だからこそ繊細で美しい。


[PR]
2017年 12月 19日 |
b0219399_12220014.jpg
みなかみ町にて現地調査。雪も散らつき始めましたがギリギリセーフ。
既存の建物や山菜やりんごの木の位置も落とし込み、そこから見える景色や町並みを確認しました。
敷地が変わればそこに建つ住まいも当然変わります。
その土地の良さを最大限に活かした家づくりを目指します。


[PR]
2017年 12月 17日 |

b0219399_12164220.jpg
b0219399_12164513.jpg


本日はES寺客殿庫裡の上棟式でした。
雨予報は何処へやら、とても良い日に無事執り行うことができました。
住職の読経からはじまり棟梁祝詞、四方固め、焼香、直会の終わりには鳶頭による木遣り、
最後は三本締めで閉会となりました。

今は建売や工場生産の住宅も増え、上棟式も簡略化されつつありますが、お施主さんと工事に
関わる職人さんたちが直接顔を合わせるということに大きな意味があると感じています。


数カ月に及ぶ工事期間の中で、家づくりに関わる人たちが一度に集まる機会はほとんどありません。
お施主さんにとっても職人さんにとってもお互い顔を合わせることでより一層家づくりに対する想い
そして信頼関係を深める、そんな場でもあります。

上棟式を終え、これから目に見える、カタチになっていく興奮と身の引き締まる思いです。


[PR]
2017年 11月 23日 |

b0219399_12095568.jpg
本日は小八木の家の写真撮影 竣工から約半年、ご夫婦の雰囲気と住まいがしっくり馴染んでいました。
とても丁寧に生活していらして空間がより豊かに育っています。
ついでに年賀状用にも使いたいとリクエストで記念写真も撮らせていただき楽しい撮影会となりました。
仕上がりが楽しみです^^


[PR]
2017年 11月 09日 |

b0219399_12035548.jpg
安中Hr邸の写真撮影にお邪魔しました。今日は天気も良く室内は暖かすぎるほど快適。
借家のときは既にコタツを出していた頃なのに、まだ暖房もいらないと驚いていました。

冬にこの暖かさを体感するとよく「夏は暑くて大変じゃないの?」と聞かれますが、
気密性や断熱性能はもちろん、冬は暖かい日差しが入るように、夏は暑い日差しを遮る
ように日射の角度を考慮して屋根の出や窓の位置を決めています。

北側和室に面するように設けた中庭はお隣の家の目線を避け大開口をとる目的と隙間を
あけることで風を取り込むウィンドキャッチの役目をもっています。

こども部屋では絵本を読んだり、パパお手製のキッチンで遊ぶ息子さんの姿、そこに落
ちる陽だまりがとても温かく気持ちのよい空間になっていました。


[PR]
2017年 10月 28日 |

b0219399_11594336.jpg
群馬県民の日
2017ぐんまの家設計・建設コンクールで「景色とつながる桐生の家」が優良賞を受賞しました。
本日は昭和庁舎でお施主さんと施工会社さんと3者で表彰式に出席しました。
きっかけは新聞で2014ぐんまの家「借景を望むせがいの家」の受賞記事をみて、事務所に相談に
いらっしゃったのがはじまりでした。
そんな思い出話をしながら、今日この場に立てたことに深い感謝と喜びでいっぱいです。


[PR]
# by tekton | 2017-10-28 17:57 | 菱町の家 |
2017年 10月 14日 |
b0219399_11524416.jpg

b0219399_11524608.jpg


ES寺の配筋が大まか組み終えたので配筋径や間隔、コンクリートのかぶり厚さなどを確認しました。
設計をはじめたのは今年の春、枝垂れ桜咲く頃でした。
来年咲く頃には本体工事が終わる予定です。
今から枝垂れ桜越しに完成した建物を想像してワクワクしています。


[PR]
2017年 10月 11日 |
b0219399_11370699.jpg
b0219399_11355608.jpg


連休は紅葉色づきはじめた赤城山へ
家族で長七郎山に登り、大沼湖畔でテントを張り一泊。
夏休みに栗の角材をひいて作ったブルーリッジチェアは、ほぼ子供たちが焚き火を囲んで寛いでいました。
本物よりいい出来栄えだろう?と父ちゃんは自画自賛です(笑) モノづくりってやっぱり楽しいですね^^
(是非椅子づくりに参加したい!との声も多くワークショップ検討中です)

[PR]
# by tekton | 2017-10-11 17:36 | TEKTON |
2017年 09月 30日 |
b0219399_13491837.jpg

b0219399_13494829.jpg



今日はお施主さんと一緒に材木の視察に行きました。
現在ほぼKD材と呼ばれる強制機械乾燥材や、小さな木片を接着剤で接ぎ合わせた
集成材が主流となっているなか、こちらでは自然乾燥材=AD材にこだわり自社で
何年も寝かせてゆっくり乾燥させた材料を使っています。
「見てよ!いいでしょう!こんないい材料他にはないよ!」と目をキラキラさせながら
宝箱のような材木倉庫の中を案内してくださいました。

材料を確認したあとは以前に施工した客殿を見学。
質にも技術にも自信と誇りを感じ、これから工事が楽しみです。

[PR]
2017年 09月 23日 |

b0219399_13515019.jpg

本日はES寺の庫裏客殿建て替え工事の地鎮祭でした。
雨予報だったのが朝方にはあがり、地固まったところで無事執り行うことができました。
地鎮祭は「その土地の鎮守の神様を祭り工事の安全を祈願するために行われる儀式」ですが
神式と仏式があり今回はお施主さん自ら、仏式で行われました。

大地をつかさどる神様、地天を供養する「土公供(どこうく)」という儀式で神式とは違い鍬入れ
の儀などはなく、親族や工事関係者の全員で工事の無事を祈り般若心経を唱えました。
工事への一体感を感じながら、まだ小さな息子さんがお父様の背中越しに誰よりも大きな声
で堂々と般若心経を唱えている姿がとても印象的でした。
土公供は住職も20年以上前に教わって以来はじめてだったそうで、私たちも貴重な経験とな
りました。


[PR]
2017年 09月 04日 |
b0219399_13534355.jpg
午前中はTn-Houseのキッチン打ち合わせにkitchenhouse
今回はダイナミックなW2700のキッチンを、しかもグルグル回れるアイランドでのご提案
キッチンもインテリアの一部、ダイニングテーブルやチェアなどの家具との調和も加味しながら
天板や面材の仕上げを決めていき
ます。





[PR]
2017年 08月 08日 |
b0219399_13583803.jpgb0219399_13584523.jpg


城東町の家、植栽工事がはじまりました。
引き渡しから1ヶ月、アパート暮らしから広いお家になり3人の子どもたちは毎日元気に走り回っています。
住み心地も聞きながら、工事の様子を確認。

建物側に高木を植えることで遠近感をより感じ広く見えるよう配置しています。
左手にはウッドデッキに木陰をつくるヤマボウシ、右手前にはこどもたちが捥ぎとるのも楽しいジューンベリー。
この隙間を埋めるようにモミジを植え外からの視線をやさしく妨げます。
目の前に小さな駅があり、室内からの開放感と地域に閉ざさないカタチでのプライバシーの確保が課題となった
城東町の家は自分たちの考えを見つめ直す良いきっかけとなった住まいです。


[PR]
2017年 08月 05日 |
b0219399_14005686.jpg


本日はじめてのご相談は、嬉しいことに群馬の住宅雑誌を観て他県からお越しくださいました。
小さなお子さまもご一緒に打合せさせていただくことも多いので、机の上はいつもこんな感じです^^
ハウスメーカーや工務店のような展示場はないけど、もっと気軽に相談できる場所になるといいな
家づくりのひとつの選択肢になるといいなと感じています。

[PR]
# by tekton | 2017-08-05 17:34 | TEKTON |
2017年 07月 01日 |
b0219399_23220829.jpg












今日から前橋の広瀬川美術館で作家展がはじまりました。
建築部門から3作品の写真や模型が展示されています。
雨ということもあり「やってる?」的な雰囲気がかなり漂っていますが開催中です(笑)
彫刻や絵画などの作品はもちろん素晴らしく、美術館がひとつのアートのようでした。


展示作品
・借景を望むせがいの家
・集う家
・趣味を楽しむ土間の家
(各写真パネルと模型の展示)

会期:7/1(土)〜7/29(土)10:00〜17:00
*月曜日休館
*最終日は15:00までとなります。
*駐車場あります。


[PR]
# by tekton | 2017-07-01 23:18 | TEKTON |
2017年 06月 26日 |

b0219399_23130746.jpg















昨年の第64回 群馬美術家連盟展の建築部門で入賞した住宅3作品が前橋市の広瀬川美術館に
展示していただけることになり搬入準備に行ってきました。
県展や連盟展などの受賞作品として日本画や洋画、彫刻などと同じく建築も美術として評価してくださり
とても嬉しく感じています。
広瀬川美術館は17号から少し入った広瀬川沿いにひっそりと佇む小さな美術館です。
心象画家”近藤嘉男”のアトリエ、子供の絵画教室“ラ・ボンヌ”として建てられ、戦後の建造物としては
国登録有形文化財に登録された全国で第1号の建物となっています。
2階にあがると大開口の窓から見える緑と広瀬川。
時が止まったような安らぎと癒しを感じさせる空間となっています。この機会にぜひお立ち寄りください。

[PR]
# by tekton | 2017-06-26 23:11 | TEKTON |
2017年 04月 19日 |
b0219399_16580216.jpg
小八木町の家にオーダーキッチンが入りました。
天板も本体と同じ木目で統一した家具のようなイメージに仕上げました。
ダイニングテーブルも色目を合わせチェリー材で制作中です。
中庭に面した明るいダイニングキッチンからウッドデッキ→中庭に繋がる
導線はもう楽しい妄想しか浮かびませんね^^



[PR]
# by tekton | 2017-04-19 16:57 | TEKTON |
ページトップ
XML | ATOM

Powered by Excite Blog

個人情報保護
情報取得について
免責事項