TEKTON
tearchi.exblog.jp
Top
スペインの旅 2
2011年 06月 30日 |
b0219399_23341565.jpg写真はグラナダ市内にある アルハンブラ宮殿。
スペイン屈指の世界遺産であり世界中から観光客が訪れる名所。

イスラムとカトリック、2つの表情を持つこの宮殿は
異なる時代に建てられた様々な建築物の複合体であり、
その時代の建築様式や形状などがよくわかる。
歴史を調べてから実物を見ると、とてもおもしろい。

天井や壁に施された彫刻は、本当に見事。

b0219399_23501230.jpgガウディの傑作 サグラダ・ファミリア 
いずれは訪れたいと願っていたので感激。
思っていた以上の迫力と繊細さ、言葉では言い表せないほどの素晴らしさ。
建築に関わっていない人でも知っていたり、耳にした事がある程の建物。
一度は行って見る価値あり。

サグラダ・ファミリアの意味は、聖家族。
マリアに抱かれるイエスと、
二人を守り包む養父ヨセフ。
無償の愛に生きる母性と父性の象徴。
言葉が出ない程の迫力です。

b0219399_23552195.jpg現在、サグラダ・ファミリアの主任彫刻家は日本人なんですよ。
知っていました?

外尾悦郎さんです。

日本人がこのような場所で活躍していること。
誇りに思います。

1882年から着工し、未だ建設中。2026年には完成予定らしい。
完成したらまた訪れようと思う。

b0219399_2356165.jpg内部はまるで森の中に居るかの様な仕上がり。
高い木に支えられ、天井の隙間からさし込む光。
見事な内部空間でした。



次は、グエル公園、カサミラなどガウディの建築をアップ予定・・・。
[PR]
by tekton | 2011-06-30 00:53 | Takahiro |
<< 応急危険度判定士 ページトップ 風物詩 >>
XML | ATOM

Powered by Excite Blog

個人情報保護
情報取得について
免責事項